赤ちゃんに多い乳児湿疹|保湿が大きな鍵になります

赤ちゃん

紫外線から守る

子供

近年は昔と比べて紫外線量も多くなり、日差しが強い季節には赤ちゃんにも日焼け止めなどが必要とされています。赤ちゃんは大人よりも皮膚が薄くデリケートなため、日焼け止めにも注意して選ばなければなりません。赤ちゃんに使う日焼け止めは、肌に優しくのびがよいものを使うのがよいでしょう。また、日差しが強いという場合には日焼け止めだけに対策を任せるのではなく、帽子や日傘、薄いタオルケットなどで日差し自体を防いであげることも重要です。場合によっては日差しの強い時間帯の外出を控えるなどの対策も必要でしょう。また、忘れがちですが意外とやけやすいのが首の後ろです。日差しがあたりやすいところなので、忘れずに日焼け止めを塗ってあげるとよいでしょう。

赤ちゃん用の日焼け止めは、基本的にSPFが低いという特徴があります。平均して20〜30くらいであることが多く、それより低いものもあります。逆にSPFの高いものはほとんどありません。これは、SPFが高いものは肌への負担が大きいためです。SPFが高いものは長時間日焼けから肌を守ってくれますが、その分肌に成分が浸透し荒れる原因にもなります。赤ちゃんにはSPFの低いものを使い、必要ならばこまめに塗り直すことが大事です。また、ノンケミカルであることも特徴です。化学成分は肌に負担が大きいため、赤ちゃん用のものには使われていないことがほとんどです。化学成分が使われていないため、石鹸で簡単に落とせるという特徴もあります。